蘇る幻の石「伊勢青石」ー伊勢・出雲ー 陽光紡ぐ神秘の縁



弊社のバイヤーが直接南伊勢に足を運び正規のルートからお譲り頂いた「伊勢青石」の原石がついに出雲型勾玉になりました!

長い歴史を誇る伊勢青石が勾玉などの装飾品として加工されたのは今回が初めてのことです。

「出雲鏡石」に引き続き原石の仕入れから加工までめのやが手掛けたこだわりのお品を縁結びの地より全国の皆さまにお届けいたします。

目 次


■蘇る幻の石「伊勢青石」
・伊勢青石とは
・夫婦岩と伊勢青石
・神秘的な縞模様と神聖な「御白石(おしらいし)」

■伊勢・出雲 太陽が繋ぐ神秘の縁
・ロゴのデザインコンセプト
・伊勢と出雲に共通する太陽神 –猿田彦大神–
・伊勢と出雲に共通する太陽神 –佐太大神–

■伊勢青石の産出地と成分解説
・産出地
・伊勢青石に含まれる様々な鉱物
・石の意味


ー蘇る幻の石「伊勢青石」ー

伊勢青石とは


今ではほとんど産出しないとされる、大変希少な「伊勢青石」

古くから庭石や神社仏閣等の石材として伊勢の人々に大切にされてきました。
青が深いほど良品とされ、中々お目にかかれない一品とされるのが幻たる所以となっています。

夫婦岩と伊勢青石



また、伊勢市二見浦の夫婦岩周辺の岩々は緑色の岩が多く、二見浦の付近には伊勢青石と同質の石が産出する「御荷鉾層」が通っています。

伊勢の夫婦岩は伊勢青石であり、地域で大切にされています。

神秘的な縞模様と神聖な「御白石(おしらいし)」



「伊勢青石」には、二十年に一度、遷宮の際に伊勢の神様に奉献される神聖な「御白石」と同じ成分を含んでいるものもあります。

深い青に流れる御白石は神秘的な味わいがあり、豊かな石の表情をご堪能頂けるお品となっています。

ー伊勢・出雲 太陽が繋ぐ神秘の縁ー

伊勢と出雲は神話に縁があり、伊勢青石の出雲型勾玉に、
神話の物語になぞらえてお客様への想いを込めました。

ロゴのデザインコンセプト


伊勢・出雲を繋ぐ「太陽」二柱の神様のご誕生に関わる
「夫婦岩」「金の矢」を元に、手に取る皆様のご多幸を願っておつくりいたしました。

伊勢と出雲に共通する太陽神 –猿田彦大神–

神話の物語から「みちびきの神、みちひらきの神」として崇められている神様で、夫婦岩の沖合の御神石からお生まれになった太陽神と言われています。
(伊勢の二見浦の夫婦岩の逸話)

伊勢と出雲に共通する太陽神 –佐太大神–


出雲神話に登場する女神、支佐加比売が洞窟に流れてきた金の矢で岩壁を射通すと、周囲が陽の光で「加加」と明るくなり佐太大神がお生まれになったと言われています。
(出雲の加賀の潜戸の逸話)


※伊勢青石には1商品につき1枚品質保証書をお付けいたします。


※伊勢青石の30ミリ勾玉をご購入の方は限定の桐箱に入れてお届けいたします。

ー伊勢青石の産出地と成分解説ー

産出地


伊勢青石の多くは「南伊勢町」で産出しています。

伊勢周辺に通る「御荷鉾層」や「秩父帯付加複合体」から、
「緑色片岩類」が産出し、その中でもとりわけ深い青色を示すものが「青石(アオイシ)」と呼称され、
地域で大切にされています。

伊勢参りの前に禊を行って身を清めたとされている「二見浦」にある夫婦岩も伊勢青石であり、伊勢一帯に深く根付いた石であることが窺えます。

伊勢青石に含まれる様々な鉱物


多彩な表情を持つ伊勢青石。
その伊勢青石を構成する、様々な鉱物をご紹介します。

石の意味

深い青色が気持ちを落ち着かせ、決断力を高めるお守りです。
青に流れる白い模様が、暗闇に差す一筋の光明の如く、閃きを呼び、幸運へと導くと言われています。