これは何ブルートパーズになるのでしょうか。変わったタイプのブルートパーズのブレスレット

こんばんは。
昨日出雲大社にお参りをして八百万の神々のパワーをもらった気持ちになっているサルオです。

さすがに神在祭期間中でしたので、すごく多く人で賑わってましたね。
人ごみを避けるために日曜日の夕方にしたのですが、それでも普段と比べると圧倒的に人が多かったように思います。
娘から神門通りにあるイチゴ飴をお土産に買って帰ってきてと言われましたが、残念。すでに売り切れてしまっておりました。
それを伝えたら「じゃあ作って」ということでスーパーに買いに行きましたが、この時期はイチゴ売ってないんですね。季節によって売っているフルーツも違うんだなと改めて感じました。

それでは、本日は秋の空は変わりやすいということで、どこか不思議な雰囲気を持っているブルートパーズのブレスレットを紹介させて頂きます。

★【限定1本】ブルートパーズ タンブル型 6ミリブレスレット 内径:約16.5cm 14,300円(税込)★
オンラインショップにて販売中!

カラーとしては全体的に水色がベースとなっているのでブルートパーズですよね。
でも、よく見るブルートパーズとはどこか雰囲気が違いますよね。

★【限定1本】ブルートパーズ タンブル型 6ミリブレスレット 内径:約16.5cm 14,300円(税込)★
オンラインショップにて販売中!

どこが違うのか、他のブルートパーズと比べてみましょう。

まずは、一般的なブルートパーズから。


当社でも「ブルートパーズ」として販売しているブルートパーズ。
この水色の鮮やかな色味が特徴的ですよね。
スカイブルートパーズとも呼ばれているそうです。

このトパーズと比べると・・・

わずかに濃いめ。いや、暗めといった方がしっくりくる色合いですね。

暗めのブルートパーズと言えばやっぱりロンドンブルートパーズでしょう。
ロンドンブルートパーズはこの色。

このすっごく濃い色味がなんともシックでカッコイイですね。
ではロンドンブルートパーズに近いのか比べてみましょう。

やはり、この色味とも違いますね。

では、もう少し薄い色。
鮮やかな色味として人気の高いスイスブルートパーズと比較してみましょう。

スイスブルーはこの色味。

超綺麗ですね。
スイスブルーとは比較で並べたくない気もしますが、比べてみました。


全然違いますね。

今日紹介しているタンブル型のブルートパーズはこうして他のブルートパーズと比較すると、わずかにグリーンカラーも入っているようにも見えますね。
つまり、今あるブルートパーズとは違う種類のブルートパーズというべきでしょうか。

中にはこのようにバイカラーになっているビーズもありますよ。

★【限定1本】ブルートパーズ タンブル型 6ミリブレスレット 内径:約16.5cm 14,300円(税込)★
オンラインショップにて販売中!

そして、ブルートパーズと言えば天然色なのか、それとも照射処理が施されているのか気になるところですよね。
はっきりと照射とは聞いていませんが、はっきりと色づいているので照射処理の可能性が高いように感じます。

今まで見てきた天然トパーズともやや色味が違いますよね。

おっと。天然トパーズと比較するのを忘れておりました。
天然トパーズの写真がこちら。


黄色いライモナイトが内包していることもあり、グリーンに色づいているみたいですね。
比較するとこのようになります。


やっぱり天然トパーズとも違いますね。
今日紹介させて頂いたブルートパーズをあえて分類するならロンドンブルーに理解ですかね。
ロンドンブルーをかなり薄くしたような色味に感じます。

そんなどのタイプにも属さないけど、透明感と石の表面の艶が綺麗なブルートパーズ。
タンブル型も個性があっていいですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

シェアする

シェアする

フォローする

フォローする