シトリンHCファセットカットルース(ブラジル産) 3


↓左から

水晶の32面カットやスターカットビーズ、そしてこれらのカットルースなどがありますが、今日は特別に裏情報をお伝えしたいと思います!
石は最終的に小さな粒子の研磨剤で磨きあげて初めてピカピカの透明になります。
その工程は通常タンブリングといって、研磨剤と石を一緒に入れた容器を振動させることによって表面を磨いていきます。
1週間から2週間24時間ずっと研磨しぱなっしで、やっとあの透明感が生まれるのです。

石にファセットといって、カットの面を作るとき、最終仕上げの研磨剤の粒の大きさでは全然削ることができず、大きな粒子で荒く削らなければいけません。
一度荒削りで面を作って、その後に仕上げ磨きをしなければいけないのです。

32面カットのビーズは最初に荒削りで面を作って、最終仕上げはタンブリングで行います。だからカット面とカット面の間にあるエッジ(角)ももちろん削れてしまいます。ルーペでよくみるとそのエッジがやや丸くなっているのがわかると思います。
一方、スターカットやこちらのルースなどはカット面を荒削りで作ってそのままその面を仕上げ磨きをします。
だからルーペでみるとそのエッジがとてもシャープに残っているんです!

カットの形状もありますが、だから32面カットよりもスターカットの方が強く光を反射するんです。

綺麗ですね。

サイズについて
タンブルカット:約18弌13弌澹さ12弌20弌14弌澹さ13

ご購入はこちらから

シトリンHCファセットカットルース(ブラジル産) 3

価格: 円+(税) 番号(左から)
324ポイント
数量

申し訳ありません
ただいま品切れ中です。

お気に入りに追加
この商品についての問い合わせ